「おもちゃせどりマニュアル」の商材レビュー【辛口評価】

どうもワイミーです。

本記事はレビュー記事となります。

私も数多くの情報商材を手にしてきましたが、
その中で本当に買うべきだったと思えるものは数点しかありません。

そのためあなたには、余計な商材を手にして
貴重な時間やお金を無駄にして欲しくないという思いがあります。

よってレビューできるものは
片っ端からレビューしていきたいと思い、こうした記事を書いています。

という事で今回は、せどり系の情報商材についてレビューします。

その商材の名は、

「おもちゃせどりマニュアル」

客観的な立場からズバッとレビューします。

ちなみに私はせどりの経験もあるので、
せどり経験者の立場から見える事も書いていければなと思います。

おもちゃせどりマニュアルの内容

おもちゃせどりマニュアルの内容は、
その名の通り、「おもちゃのせどり」ですね。

つまりそのビジネスモデルとしては、

「転売」

という事になります。

具体的には、

「おもちゃ・ホビー」を仕入れて、
amazonマーケットプレイスで販売する方法

とのことです。

では詳しく見ていきましょう。

まずせどり系の商材においては、
販売者さん自身が稼げているかという所が一番の判断材料ですよね。

おもちゃせどりマニュアル 販売者の実績

おもちゃせどりマニュアル販売者の方は、「ブックオフせどり」と名乗っているようです。

セールスページでも書かれていますが、
「ブックオフせどり」 さんの経歴を挙げると以下の通り。

1998年03月 某大型古本チェーンに入社。後10年間、店長・スーパーバイザーを歴任
2005年05月 群馬県最大のおもちゃのリサイクルチェーン創業に参加
2006年09月 ヤフオク・せどりを開始
2007年02月 炎のメルマガ、「ヤフオクで稼ぐ!ブックオフせどりマガジン」を創刊
2007年09月 更なる成長を目指して、脱サラをして専業になる
2008年02月 古書籍商組合に加盟
2008年05月 ヤフオククエストが、3,000ダウンロードを達成
2008年11月 インターネットで月商100万円を達成!
2009年04月 在宅仕入れノウハウを確立
2010年09月 ヤフオクハンター ウイニング・ザ・レインボーを発売
2010年10月 日本一簡単な電脳せどりが、1,500ダウンロードを達成
2012年01月 おもちゃせどりマニュアルを発売

http://bosedori.xsrv.jp/asp/infocart/toysedori/

経歴を見る限りでは、
彼がせどりという分野で稼いでいる事は間違いなさそうです。

つまり、この販売者さん自身は稼いでいると見て良いかと思います。

ただし大事なのは、
彼に教わる事で自分が稼いでいけるのかという所ですよね。

つまり彼の方法論に再現性はあるのかが大事なポイントとなってきます。

おもちゃせどりマニュアルの詳細

セールスレターを見ると、具体的な商品名が挙げられています。

・初代リカちゃん 28万円
・絶版トミカ 6万8600円

などの写真もあり、
確かにこの値段で売ればそれなりの利益が出そうです。

ここでせどりの基本を言っておくと、

「単価が高い物を扱え」

という事が言えます。

なぜならば、単価が高いほど
市場における価格差も大きくなるからです。

そのため、安く買って高く売ったときの利益も大きくなります。

もし安い物だと薄利多売の必要が出てくるため、
そこには大量の労働が待っています。

例えば、うまい棒を10円で仕入れて
2倍の値段で売ったとしても、利益はたった10円ですよね。

よって高い物を売った方が利益も出やすいし、労働も減るわけです。

そしてその基準で行くと、
値段の高いプレミアもののおもちゃをターゲットにするのは正解ですね。

という事で、この時点では、
「おもちゃせどりマニュアル」は
せどりの方法論として間違っていないように思えます。

ただ大事なのは、その商品を仕入れられるかどうかという所です。

つまり

・相場の売値より安く仕入れられるか
・そもそも商品が見つかるかどうか

ここに関わってくるのが、
流通量が多いかどうかという点です。

おそらく、プレミアがついていて
貴重なおもちゃならば、流通量は少ないでしょう。

というより、流通量が少ないからこそ
プレミアがついていて値段が高いわけです。

そして流通量が少ないとどうなるか。

この場合、同じ商品だと数に限りがあるので、
違う種類の商品を何種類も扱わなければいけなくなります。

せどりにおいては売れる商品を一つ見つけて
それにフォーカスして仕入れることが
必勝パターンなのですが、その方策が取れません。

そうすると、多種類の商品を狙わなければいけないので、
幅広い商品の知識が必要になるのです。

そしてレターのQ&Aでは知識は必要ないと書かれていますが、
それでも商品を見たときに
大体どれくらいの値段かを見極められる目が必要になってきます。

専門的な知識は必要ありませんが、値段は覚えなければいけません。

その労力に耐えられるかどうかがキモになるでしょう。

おそらくおもちゃが好きな方なら
耐えられるかもしれませんが、多くの人にとっては挫折する事になるでしょう。

おもちゃが好きだったら良いのですが、

「好きでもない商品の知識を身に付ける為に勉強できますか?」

という事が言えます。

おもちゃせどりマニュアル2パターンの仕入れ方法

「おもちゃせどりマニュアル」では仕入れ先として、
実店舗とネットの2パターンが解説されているようですが、
どちらにしても大変な作業になるでしょう。

もし店舗せどりをするならば、
あなたがお住いの環境によって、仕入れられるかどうかが変わります。

そもそも店舗が少ないと、めったに見つかりませんし、
近所に店舗が無いと、物理的に回れる店舗に限りが出てきます。

またネットの仕入れの場合、
オークションサイトを使う事になります。

この場合は夜9時~12時くらいの間がピークタイムとなります

つまりその時間に張り付いて競り落とす必要が出てきます。

最後の方の時間帯になると、分単位で値上げが繰り返されるので、
まさに目を離さずに競り落とさなければなりません。

さらに、実際にやってみると分かりますが、
多くの商品は相場よりも高く落札される事も多いため、
よりニッチな商品を探していかなければ、
安く仕入れる事がまず鬼門となるでしょう。

おもちゃせどりマニュアルの出品先

おもちゃせどりマニュアルのセールスレターにはこう書かれています。

オークション向けの商品も解説していますが、
基本的にはamazonマーケットプレイスでの販売になります。

http://bosedori.xsrv.jp/asp/infocart/toysedori/

つまりAmazonのビジネスアカウントを取得する必要があります。

ただこれは結構大変で、
まず審査に通る必要があります。

そしてそれに合わせて古物商許可証が必要となります。

この古物商許可証というのは、
簡単に言うと中古の商品を扱う際に必要になる証明書です。

これは、盗品や海賊版が出回らないように警察が付与する証明書です。

中古の商品と言えど、フリマアプリやオークションサイトなどに
不用品を出品する場合は法的にも問題ありませんが、
営利目的で大量の商品を仕入れて売る際には古物商許可証が必要になります。

特にAmazonで出品専用のアカウントを作る際にはほぼ必須となるでしょう。

さらに、面倒臭い手続きを終えて
古物商許可証を取得したとしましょう。

それでも、Amazonにて出品規制の可能性が残ります。

というのも、Amazonは出品アカウントさえ作れば
何でも出品できるわけではないんですよね。

例えば、2016年以降に作ったアカウントでは、
CDは全て出品規制が掛かります。

この理由は、CDは特に海賊版が多いため、
Amazon側で強力な規制をしてしまったからです。

もしCDを出品したい場合は、
CDの販売権利者から販売許可をもらう必要があります。

同様におもちゃもメーカーによっては、出品規制の対象となります。

「メーカによっては」と言っても、有名どころはかなり入ってきます。

対象メーカーとしては以下です。

・レゴ(LEGO)
・セガトイズ(アンパンマングッズなど)
・タカラトミー(ベイブレードなど)
・グッドスマイルカンパニー(ねんどろいどなど)
・スタジオジブリ(ジブリ商品)
・ピープル(幼児用玩具全般)
・バンダイ(仮面ライダーグッズ・フィギュアーツなど)

もしこれらを出品したい場合は、
「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書」が必要となります。

しかしこれは、実店舗から仕入れる場合でも、
ネットオークションから仕入れる場合でも、入手する事はできません。

したがって、おもちゃのジャンルでせどりを行う場合は、
かなり制限されたジャンルの中で勝負を強いられる事になります。

おもちゃせどりマニュアルの実際の労働を想像してみよう

おもちゃせどりマニュアルの実際の労働を想定してみます。

まず実店舗からの仕入れの場合。

お住いの環境にもよりますが、
珍しい商品というのはめったに見つかりません。

今はほとんどの店舗がネット上の相場を理解している時代ですので、
相場より安く売られる事はほぼ無いのです。

そんな中、探すとしたら何店舗も回る必要が出てきます。

何時間もかけて何店舗も回った結果、
商品が一つも見つからないなんてことも十分ありえます。

この時点でもう利益に対して、作業量が割に合っていないですよね。

しかも副業としてやる場合は、本業の時間もあるでしょうから、
せっかくの休日を一日無駄にして儲けゼロなんてこともありえる訳です。

よって店舗仕入れは、選択肢としてかなり厳しいでしょう。

ではネットからの仕入れの場合はどうでしょうか。

この場合も上で説明したように、
夜9時~12時くらいの間パソコンかスマホに張り付いて競り落とさなければいけません。

つまり実店舗、ネット仕入れ、
どちらに転んでも、大量の作業が待っているわけです。

さらに、運よく安く仕入れられ、出品した後はどうなるでしょうか。

今度は商品登録や納品作業が待っています。

Amazonのページに情報を入力して、
文句が付かないように商品を丁寧に梱包するだけで結構な作業時間になります。

しかも、丁寧に梱包したとしても、
プレミアのおもちゃを買うようなマニアの人は、
細かい商品のキズや汚れが理由で容赦なく返品します。

こうなれば送料だけを失い、利益は無しになり、振り出しに戻ります。

おもちゃせどりマニュアルのメリットデメリット

ここまでおもちゃせどりマニュアルについて
具体的な内容を分析してきましたが、

おもちゃせどりマニュアルのメリットを挙げるとするならば、
おもちゃの知識を付けて、さらに毎日数時間の作業ができるのであれば、
稼げる可能性があるという点。

そしてデメリットは以下です。

・古物商のライセンスを取得する必要がある
・Amazonビジネスアカウント登録の必要がある
・出品制限が厳しい
・商品の保管場所が必要
・商品が大きいため梱包が大変
・おもちゃが好きで勉強出来なければ無理
・作業労働が多い

よって結論としてはおもちゃせどりマニュアルはおすすめできません。

結論

「おもちゃせどりマニュアル」の販売者の方が
せどりで稼いでいるという実績は間違いなさそうですし、
それをマネして全く稼げないという事もなさそうですが、
現実的に考えるとかなり厳しいと思います。

つまり、稼げないと言い切る事は出来ませんが、
そこには終わりなき作業が待っているという事です。

私もせどり経験はあり、

「おもちゃせどりよりも割りの良いせどり」

で利益を上げていましたので、
せどりの単純さや即金性という利点は理解しています。

それでも結局は、

「自由になるためにビジネスやっているのに、
これだと作業量が多すぎて意味ないな」

と思って辞めてしまいましたね。

そもそもせどりはおすすめしない

せどりや転売の分野に言える事ですが、
数年に渡って継続的に利益を上げていく事はかなり難しいです。

というのも、まず出品先であるAmazonやヤフオク、
フリマアプリなどのサイトの規約がしょっちゅう変わるからです。

上でも説明した通り、
現在AmazonではCDやおもちゃに限らず、多くのジャンルで出品制限があります。

そのため、もう個人がAmazonで出品者としてやっていくのは厳しく、
業者にどんどん取って代わられているというのが実情だと思います。

さらに、下手にネット上ノウハウや情報商材を参考にすると、

「大量に仕入れた商品が売れ残り、大赤字に!」

なんてこともありえます。

そういったリスクがある割には、
大成功しない限り利益もそれほど狙えませんし、
大量の労働が必要である事は変わりありません。

薄利多売では無く、価格が高い商品を狙えばまだましですが、
そういった商品は人気で、そもそも仕入れる事が難しいパターンが殆どです。

よって、実際にやってみると分かりますが、転売やせどりで稼ぐのはかなり厳しいです。

せどり・転売が気になっている方へ

転売をしてみたいという方の状況としてはこのような感じではないでしょうか。

・すぐに利益を出したい
・難しい作業なしで、分かりやすい収入源が欲しい
・知識やスキル不要のビジネスをやりたい
・資金が少ししかないけど収入を得たい

実はこれらは全て、転売では無く、ある分野において達成可能です。

要するに収入を得る手段として転売にこだわらなければ、別の方法もあるという事です。

さらにこの方法ならば転売とは違って
初日の準備時間、たった数時間を最後に、それ以降は作業が発生しません。

一度検討だけでもしておくことをおすすめします。

その方法は以下です。